クラウドビジネスフォン

2018年6月11日

クラウドビジネスフォン会社「GoodLine」サービス内容・料金解説

このサイトでは、インターネットを介して利用できる「クラウドビジネスフォン」サービスを提供する会社のサービス内容や利用料金などご紹介しています。

今回は、「GoodLine(グッドライン)」。
大阪府大阪市に本社を構える「㈱グッドリレーションズ」が提供する多彩な機能でビジネスをサポートするクラウド型ビジネスフォンサービス。セキュリティに気を配り対策もしっかり施されています。

ここからは、「GoodLine」のサービス内容の概略と利用料金など簡単に解説いたします。

1.「GoodLine(グッドライン)」のサービス内容紹介

GoodLineは、専用アプリをスマホにインストールすれば使用可能に。プライベートのスマホにインストールすれば、公私をしっかり使い分けながらビジネスフォンのように利用できます。

クラウドビジネスフォン会社「GoodLine」

また、業務で利用するデータはすべてクラウド上に保存できるため、端末を万一紛失したときも、電話帳やメモ機能、タスク管理、個人情報など、情報漏えいや顧客情報の流出、重要なデータが消滅してしまう心配はいりません。

GoodLineでは多彩な機能が用意され必要に応じて便利に利用できます。

3つの管理・共有機能

管理機能も充実しており、PCのブラウザで一元管理ができます。

◆顧客情報をリアルタイムで共有可能
クラウド上の電話帳や通話ごとに通話メモが残させ、リアルタイムに対応履歴などの情報が共有可能。そのデータはすべてクラウド上に保存されるためセキュリティも万全です。

顧客への対応履歴を時系列で保存・共有しておけば、業務の引き継ぎや営業管理が容易に行えるように。外出先でもスマホやタブレットでリアルタイムに確認できます。

◆24時間マルチデバイスで機能設定が可能
着信や各種転送機能、内線や外線、アカウント管理など、管理者権限があれば24時間マルチデバイスで設定が可能。出先のスマホからでもオフィスの電話を24時間制御できます。

◆モニタリングや分析機能でオフィスの電話を「見える化」
通話履歴や通話録音がいつでも確認でき、今現在の通話状況もモニタリング。すべての通話状況を自動的に分析するので、会社全体の電話の「見える化」が実現できます。

多彩な機能でビジネスをサポート

その他にも、多彩な機能が利用できることでビジネスを的確にサポートしてくれます。

◆スマホ内線化BYOD
社員がプライベートで利用するスマホを活用して内線化すれば、法人携帯の経費が不要に。さらに、通信費が一括管理できるようになるので経理業務の軽減にも繋がります。

◆Web設定管理
着信やアナウンスの設定がWebで24時間いつでも設置を変更できます。管理者権限があれば、スマホや自宅のPCからでもログインして変更できるので、柔軟な設定変更が可能に。

◆全通話分析
自動集計された内線ごとの詳細な通話分析が24時間いつでもWebシステム上で閲覧可能。時間別の通話状況や平均通話時間などが確認できるので、業務の「見える化」が実現できます。

◆03、06、0120、0800が利用可能
東京03、大阪06・050、着信課金0120・0800番号が利用可能。

◆クラウド電話帳
電話帳はすべてクラウド電話帳への登録で一括共有管理が可能。アカウント権限ごとにデータの一括インポート、エクスポートもできるので、万一端末を紛失したときでも、データの漏えいや消滅が防げます。

◆全通路録音機能および全履歴参照機能
発着信の全通話は自動録音され、録音データを選んでMP3形式でダウンロードが可能。発着信履歴も過去分まで確認できるので、聞き間違いなどによるトラブルの防止にもなります。

◆発着信拒否
発着信禁止番号が登録できるので、非通知着信や迷惑電話を拒否し、人為的なミスによるクレームの再発を防止できます。

◆留守番電話通知サービス
着信した留守番電話メッセージはMP3形式で当該社員に自動通知されるので、いちいちセンターに問い合せする必要がなく、素早い対応が可能に。

◆IVR機能
着信時に自動で音声応答。ボタンプッシュ操作に応じた内線振り分けもできるので、担当者に繋いだり、アナウンスを流したり、留守電にしたりするなど環境に合わせて自由に設定できます。

◆通話メモ・タスク共有
通話時にメモやタスクが作成でき、期限付きで共有したり、他の社員に通知したりできます。

◆各種転送
通常のビジネスフォンと同様の保留転送やパーク保留転送、ブラインド転送などが利用可能。社内だけでなく、外出中の社員のスマホや各拠点、海外でも内線転送ができるのです。

2.「GoodLine(グッドライン)」の利用料金

次に、気になるGoodLineの利用料金、利用環境によって3つのプランから選択可能。

「GoodLine」利用料金

◆月額料金

プラン 内線数 初期費用 月額料金
GoodLine SOHO 2内線 20,000円/契約 3,000円
GoodLine ビジネス
(60内線以上は要見積)
~5内線 10,000円/契約 1,000円/内線
20内線プラン 50,000円/契約 15,000円
40内線プラン 30,000円
GoodCall(コールセンター向け) 10,000円/内線 4,000円/1席

◆通話料金
通話料金も利用状況に合わせて3つの課金タイプから選択可能。
・秒課金:0.1円/1秒
・1分課金:3.8円/1分
・3分課金:8円/3分

3.まとめ

今回は、クラウド型ビジネスフォン「GoodLine」のサービス内容などご紹介しました。

他のクラウド型ビジネスフォンサービスと同様に多彩な機能が用意され、日々の業務を的確にサポート。
中でも、全通話録音やモニタリングによる分析など、業務の「見える化」が実現でき、顧客への対応はもちろん、社内でも電話の私的利用を防いでくれます。

ここでは簡単な説明だけでしたので、興味かある方はGoodLineの公式HPで内容の確認をお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です