クラウドビジネスフォン

2018年6月11日

クラウドビジネスフォン会社「BIZTELビジネスフォン」サービス内容・料金解説

このサイトでは、インターネットを介して利用できる「クラウドビジネスフォン」サービスを提供する会社のサービス内容や利用料金などご紹介しています。

今回は、「BIZTELビジネスフォン」。
インターネット環境さえ整っていれば場所を選ばず利用可能。PBX(主装置)をインターネット経由で利用するクラウド型IPビジネスフォンサービスです。現在の多様化した働き方にも柔軟に対応できます。

ここからは、「BIZTELビジネスフォン」のサービス内容の概略と利用料金など簡単に解説いたします。

1.「BIZTELビジネスフォン」のサービス内容紹介

BIZTELビジネスフォンを利用すれば、従来のビジネスフォンで必要な電話回線やPBX(主装置)、配線工事、さらにメンテナンスはBIZTELが定期的にシステムを更新しているので、定期点検や故障のリスクも軽減できます。

クラウドビジネスフォン会社「BIZTELビジネスフォン」

近年、多くの企業で導入しているテレワーク(場所に捉われない働き方)の在宅勤務体制の構築や、多くの拠点を持っている企業も拠点間の内線化が図れるなど、幅広い分野で利用されています。

「BIZTELビジネスフォン」の特長

BIZTELの特長は、以下の4つに集約されます。

◆あらゆる面でのコスト削減が可能
初期導入費用の削減はもちろん、通信費や保守費用などのランニングコスト、さらに減価償却のリスクも軽減されます。

◆最短5日!スピーディな導入が可能
既にインターネット環境が構築されていれば、必要なのは端末の設定のみ。最短5日で導入が可能なのです。

◆将来的な拡張性も優れている
SOHOなど起業開業時から導入でき、1席単位で増設が可能。将来的にオフィスを拡張するときでも柔軟に対応できます。

◆様々な端末が利用可能
IP電話機など固定端末以外にも、PC用のソフトフォンやスマホ(オプション)などが利用可能。

「BIZTELビジネスフォン」で使える機能

ビジネス上必要な以下のような様々な機能が標準で搭載されています。

◆代表番号発着信
03、06、050、0120(オプション)、それぞれ指定の番号で発着信が可能。

◆IVR(音声ナビ)
コールセンターなど問い合わせ内容に応じて着信先を自動で振り分けられます。

◆管理画面
各種設定がPCのブラウザ上で自由に変更可能。面倒な管理面が一元化できます。

◆課金明細・通話履歴
上記の管理画面上で、通話料金や発着信の履歴が確認できます。

◆ソフトフォン
PC(Windows/Mac)で電話が可能になるソフトウェアが標準で利用可能。

◆共有・個人電話帳
電話帳は共有で管理するものと、個人で管理するものを分けて登録できます。

その他の機能として、
グループ着信/ダイヤルイン着信/不在応答・定時応答/ピックアップ/保留・転送/パーク保留/ブラインド転送
といった機能が、すべて標準で利用できます。

「BIZTELビジネスフォン」で使えるオプション

上記でご紹介した標準機能以外にも以下のような様々なオプションが用意されています。
オプション名のみご紹介します。

・CRM(顧客関係管理)連携
・番号継続利用
・着信ルーティング
・インターネットFAX
・発信フィルタリング
・通知番号選択
・専用ゲートウェイ
・アンケート
・音声合成
・セキュリティプラス

また、BIZTELではビジネスフォンの他にも、
・CTI/コールセンター
・コールセンター PCI DSS
・モバイル内線化/FMC
といったサービスも提供しているので、詳しく内容を確認したい方はBIZTELの公式ホームページで確認をお願いいたします。

2.「BIZTELビジネスフォン」の利用料金

前項では、「BIZTELビジネスフォン」のサービスの特長と、使える機能やオプションをご紹介しました。

「BIZTELビジネスフォン」利用料金

気になるのはやはり利用料金。その基本プランは利用する環境に合わせて2つのタイプから選択できます。

◆初期費用・月額料金

プラン 内線番号数 同時通話数 初期費用 月額利用料
ライト 40 基本3~最大10 50,000円 21,000円
スタンダード 80 基本10~最大30 300,000円 80,000円

◆通話料金
固定電話:8円/3分
携帯電話:18円/1分

初期費用や月間利用料は必要になりますが、通常のビジネスフォンの導入するのと比較すれば、様々な費用の大幅削減に繋がります。

3.まとめ

今回は、クラウドIPビジネスフォンサービス「BIZTELビジネスフォン」のご紹介でした。

オフィスのビジネスフォンシステムを完全にクラウド化することで、複数拠点の内線化による通信コストの削減や、利用環境の変化にもブラウザ操作で設定の変更ができるなど、色々な面でビジネスをサポートしてくれます。

ここでは簡単な説明だけでしたので、まずは公式ホームページの内容をしっかり確認していただき、導入に興味があるかたは問い合せてみてはいかがですか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です